人事視点で書類選考を攻略する「賢者の履歴書」

賢者の転職戦略

自分の履歴書・職務経歴書で不採用となった本当の理由や書類選考の裏側を知りたくないですか?

一般的に、書類審査に落ちてもフィードバックくれる会社はありません。

しかし、書類選考には必ず基準があります。

様々な職種、新卒から役員まで書類選考に携わってきましたが、やはり通過する履歴書・職務経歴書はみるからに通過する書類になっています。

どんな書類なのか。それは、

書類選考に通過する = 人事が求める内容が記載されている

面接したいと思わせる書類は、人事の求める内容が記載された書類です。通過する方は、その内容を様々な工夫をこらし、求める内容を伝えています。

一方で転職希望者と話してみると、意外なほど多くの方が、履歴書や職務経歴書を「形式的なもの」だと考えていることがわかります。

当てはめられたフォーマットに記載すれば、担当者がちゃんと見てくれて、判断してくれるものだと。

だから、書類選考に落ちた背景を

「転職回数が多い」
「ちゃんとした会社に就職していないから」
「自己PRが弱かったから」

だと考える方が多いのですが、完全な勘違いです。

人事の求めることを満たしていたから、書類選考を通過したのです。

人事が「これはすごい!」と驚く履歴書・職務経歴書 4つのポイント+1

人事が思わず通過させたい、と思う履歴書・職務経歴書には3つのポイントがあります。

  1. 募集要項に適したスキル・経験が表現されているか
  2. あなた自身に合った適切なフォーマットで記入ができているか
  3. あなたの人柄や個性が表現されているか
  4. ストーリーがもれなく描かれているか

という4点です。

募集要項で求めているスキル・経験がなければ、そもそも採用する理由がありません。

他にも、インターネット上には、様々な履歴書・職務経歴書のテンプレートがありますが、自分に合った適切なテンプレートで記載できていなければ、人事視点ではマイナスポイントになります。(転職者も自分を十分にPRできないから損)

人柄や個性が表現されていなければ、あなたと一緒に働くイメージが持てません。ストーリーがもれなく描かれていなければ、怖くて採用することはできません。

実は、さらに重要なポイントがあるのですが、その要素が抜けている履歴書・職務経歴書が非常に多く見受けられます。

それらを詳しくお伝えするため、次のような講座を開設しています。

賢者の履歴書(オンライン講座)

講座の目的

  1. 採用の選考視点を理解することで、履歴書・職務経歴書でアピールすべきポイントがわかる
    (人事が欲する情報とは何か。書類選考を行うとき、人事はどこを見ているのかを学ぶ)
  2. 自分自身の魅力・スキル・経験・人柄を過不足なく表現するポイントを学ぶことによって、適切に自己アピールを行い、無駄な減点を防ぐ

講座内容

メインコンテンツ

賢者の履歴書(映像コンテンツ16本 合計87分32秒) 

書類選考の実態、裏側を暴露します。

そもそも書類選考が行われる目的は何かご存知でしょうか?

人事が履歴書や職務経歴書を見る時、一体どこをチェックしているのか、なぜチェックしているのか、書き方によってどんな評価をしているのか。一つ一つの項目ごとに丁寧にお伝えします。

この映像を見たあなたは、そんな視点があったのか、そんなことを知りたかったのか、そんなことまで読み取っているのか、と驚きの連発です。

一方で、そんな意外な項目や小さな見落としで減点されていたのか・・とショックを受けるかもしれません。

人事の視点を理解し、賢者の履歴書・職務経歴書を作成してください。

(たま監修の元、しゅんが映像コンテンツを作成しています)

提供内容

心構え

  1. はじめに (8分8秒)
  2. 人事が書類審査を通して知りたいこと(8分22秒)
  3. 書類選考の知られざる前提条件(7分25秒)
  4. 転職について誤解されていること(4分39秒)

賢者の履歴書

下記項目に対して、人事の評価ポイント(加点・減点)・書類審査の選考視点・人事が知りたいこと・転職者が書くべき内容・書いてはいけない内容・書く際のポイントについてお伝えしています。

  • プロフィール(8分39秒)
  • 学歴(8分53秒)
  • 職歴(4分30秒)
  • 志望動機(7分16秒)
  • 資格・免許(2分16秒)
  • 本人希望記入欄(2分16秒)
  • 通勤時間(テキスト)

賢者の職務経歴書

履歴書同様、人事の評価ポイント(加点・減点)・書類審査の選考視点・人事が知りたいこと・転職者が書くべき内容・書いてはいけない内容・書く際のポイントについてお伝えしています。

  • 職務経歴書の全体像(目的・人事が職務経歴書で知りたいこと・書くべき内容・ポイント)(4分10秒)
  • 職務要約(2分30秒)
  • 職務詳細(11分11秒)
  • 活かせるスキル・経験(3分24秒)
  • 資格・免許(0分38秒)
  • 自己PR(3分16秒)
  • その他特筆すべき事項(3分31秒)

5大特典

①賢者の履歴書(PDF 全14ページ)

オンライン講座の内容をいつでも好きな時にチェックできるよう、使用している資料をPDFにまとめました。

②1分チェックシート

履歴書や職務経歴書を作成した後、1分以内に全てのチェックポイントが確認できるよう、チェックシートを作りました。こちらも合わせてお渡しします。

③追加コンテンツ無料視聴権

不定期で追加コンテンツをアップすることがありますが、そちらも無料で視聴できます。主に購入者からいただいた質問を映像でお答えし、アップロードする予定です。

④「賢者の面接」特別価格 参加権

採用視点で面接を攻略する「賢者の面接」というオンライン講座を準備していますが、特別価格で参加する権利をおつけいたします。(価格は、参加者のみにお伝えします)

オンライン講座開催時は、優先的にご案内します。

⑤「履歴書鑑定」特別価格 参加権

たまが直接あなたの履歴書・職務経歴書を確認し、人事に与える印象をあなた専用の動画で教えてくれる「履歴書鑑定」に、特別価格で参加できる権利を特典としてお渡しします。

一般的な履歴書・職務経歴書の書き方指導との3つの違い

履歴書・職務経歴書を見てくれるキャリアコンサルタントが大勢いますので、その方々との違いをお伝えしていきます

1.大手一部上場企業の採用責任者である

元転職エージェントの方、キャリアコンサルタントの資格を持っている方で、人事を実際に経験されている方はほとんどいません。

転職には関わっているかもしれませんが、採用の裏側まで知っている人はほとんどいません。人事も転職エージェント側に不採用の本当の理由は伝えていないこともあります。

たまに明らかに自分で書いてきたものではない履歴書・職務経歴書を提出する方がいますが、そういう方は一発でわかります。わかっていることをキャリアコンサルタントも転職エージェントも知りません。

人事でも気がついていない方も多くいます。

10万人以上の書類を見続けてきた私だからこそ伝えられることがあります。

2. 採用の是非を決める場での、履歴書・書類選考の意味を知っている

一般的な人事は、最終面接者の結果を持って合否を伝えるだけです。書類選考や面接を経験しても、実際の採用を決める現場にいたことがある人事はまずいません。

多くの会社でも経営者や事業責任者が決めてしまうのではないでしょうか。

私がいた会社が特殊だったのか、私は最終決定者によく意見を求められました。

書類選考や面接等の全ての情報をもとに最終決定者に提言します。その提言の内容によって最終決定者が意見を変えることもありました。

経営や人事戦略に影響を与える位置で、採用を行っている人事はまずいません。

しかも事業部責任者、管理業務の責任者、役員と様々な最終決定者と仕事をしてきたのです。

採用を最終決定する場において、履歴書・職務経歴書がどういう意味を持つのか、それを伝えられるのは極わずかだと考えています。

3. 自ら転職にも何度も成功してきた人事

実は、私自身も転職は4回繰り返しています。自ら転職を何度も行い、なおかつ人事として経験を積んできた人事は他にいないのではないかと思います。

4. 入社後の活躍を重要視

転職エージェントやキャリアコンサルタントの場合、転職させることがゴールになっているようです。

そのため、通過するための書類選考、通過するための面接指導を行っている人が少なくありません。

私が採用を行う際に最も重要視してきたのは「入社後に気持ち良く働いてもらえるかどうか」。その視点で履歴書・職務経歴書についてアドバイスを行っている人はほぼいないはずです。

転職はゴールではなく、新たな職場での始まりに過ぎません。大事なことはそのあとです。

あなたが「この会社に入社できてよかった」。そして会社も「あなたに入社してもらえてよかった」と言える関係性こそが、最高の転職活動だと考えています。

ですので、転職の表も裏も知り尽くした人間から、正しい情報を正しく学んでほしい、そう願っています。

お申し込みはこちら

企業を何十社も探し、企業ごとに自己PRや志望動機を毎回書き換えたり、週末や終業後に数十時間を費やす労力・苦労・時間を考えたら、5万円でも安いと思える内容にいたしました。

価格:1万円(税込)

賢者の履歴書に申し込む