なぜ「賢者の転職」なのか

転職で大切なこと

「なぜ賢者の転職という名前をつけたんですか?」とよく聞かれます。

今回はその理由と定義についてお伝えしていきます。

転職における成功とは何か

私たちはこのサイトを立ち上げる前にたくさんの話をしました。

転職における成功とは何か、失敗とは何か。

年収が増えれば成功なのか、行きたい会社で働けたら成功なのか、内定がもらえたら転職成功なのか。そうでなければ失敗なのか。

でもどれも正解ではないと考えました。

年収が多くても、残業が多くノルマも高く辛い仕事だったら、成功とは言えないかもしれません。

行きたい会社へ行くことができても、働く環境や状況、社内の人間関係が当初と予想と違っていた場合、成功と言えるでしょうか。

内定がもらえればどんな会社でもいいのでしょうか?

そんなはずがないのです。

だから私たちは転職の定義をこう決めました。

「賢者の転職」が考える転職成功の定義

賢者の転職が考える転職成功 = 採用する会社も転職者も幸せを感じられる転職です。

ではどうすれば幸せを感じられるか。私たちはお互いに求めるものが一致すれば幸せを感じられると考えました。

では、会社は応募者に何を求めているのか。転職者は会社に何を求めているのか。私たちは次の3つに集約されると考えています。

それは、価値観・スキル・条件の3つです。

1.価値観の一致

特に重要なのが価値観です。スキルや条件が合っていても、仕事に対する考え方・進め方といった価値観が合わなければ、仕事を楽しく感じられることはないでしょう。

そして仕事に対して求める価値観は人それぞれです。ある人は「成長」を求め、ある人は「安定」を求めます。残業してでも一生懸命働く会社もあれば、定時で帰ることを推奨する会社もあります。

どちらの価値観が良いということはありません。ですが、この価値観がずれていれば仕事は楽しくなくなります。

まずは会社の風土・文化と転職者が求める風土・価値観が一致すること。これが転職成功の第一歩です。

2. スキルと職種の一致

次にスキルです。どんなに価値観がマッチしたとしても、当然ながら募集職種が求めるスキルと応募者のスキルがマッチしていなければ、業務を遂行することができません。

例えば即戦力となるプログラミングの経験者を募集しているのに、価値観が合うからといって未経験者を採用してしまったらどうでしょうか。育成に時間がかかり、サービス開発が遅延し、しいては経営にも影響が出るかもしれません。

3. 条件の一致

そして最後に、条件です。お互いの条件が一致していなければ転職成功とは言い難いでしょう。

例えば年収700万以上じゃないと働きたくないと思っているのであれば、年収450万の案件には応募すべきではありません。

給与の他にも、責任範囲・権限・福利厚生・残業時間・通勤時間・職場の最寄駅など、様々な条件があります。そして企業側は募集要項できちんとそれを提示しています。(まれに嘘をつく会社もありますが…)

価値観・スキル・条件。この3つが合致した転職こそ、成功と言えるのだと私たちは考えました。

理想論かもしれませんが、不可能ではありません。

実際に今までの職場では成果が出せず、今までの職場で「使えない」存在だった社員が、新しい職場に来た途端メキメキと実力を発揮し、会社にとって欠かせないほどの働きぶりを見せることも少なくありません。

こうした転職が行える人を一人でも増やしたい、と考えています。

賢者の転職をどうすれば実現できるか

ですので、賢者の転職とは=価値観・スキル・条件の3つが一致した会社への転職です。つまり、自分を活かし、自分を幸せにする転職です。

逆に価値観・スキル・条件が合わない会社への転職。つまり、自らを不幸にする転職をしてしまう転職は賢者の転職ではありません。(愚者でもありません。よくある普通の転職です)

どうすればこの賢者の転職を実現することができるでしょうか。

そのためには3つの大切なことがあります。

1. 自分自身を深く知ること

あなたがどう生きたいのか、あなたがどんなキャリアを積みたいのか。

自分が仕事する上で大切な価値観とは何か、人と一緒に働く上で大切な価値観は何か、自分がどんなスキルを持っていて、どんなふうに活かして仕事をしていきたいのか、どんな条件だったら気持ちよく働けるのか。

つまり、あなたが転職先に何を求めるのかを正しく認識することが重要です。この認識が転職の活動方針に大きく影響します。

きちんと整理し、言語化することが賢者の転職の第一歩となりますので、しっかりと行ってください。

2. 自分を正しく理解してもらうこと。

履歴書・職務経歴書や面接できちんと自分自身のことを話せない人がいます。これは私が今まで10万人の書類を見て、1万人以上の人とお会いする中で、強く感じてきたことです。

文章が上手・下手、話すのが得意・苦手といった話ではありません。

1つ目に整理した価値観・スキル(経験)・条件に関する記載がない、または著しく不足しているのです。人事はあなたのことを理解したいのに、あなたがあなたのことを教えてくれないのです。

履歴書や職務経歴書をどう書けばいいのか。人事は履歴書や職務経歴書からどんなことを知りたいのか。面接で何を伝えればいいのか。人事は面接の時にどうやってあなたのことを知ろうとしているのか。

それを理解すれば、自分を正しく理解してもらう術がわかります。

採用の裏側は全てお伝えします。

3. 企業の労働実態を見極めること

企業が自分に合った会社なのかを見極めることも大切です。

当たり前のことですが、良い会社もあれば悪い会社もあります。残業時間を隠す等、募集要項と違う待遇を平気で与える企業もあります。

人事も面接官も完璧ではありません。勘違いや誤解もあります。良い会社のように見せているだけの場合もあります。

理念と現実が一致していないケースもあれば、外からイメージした労働環境と実際の環境がかけ離れている会社もあります。

では、企業の実態・本質をどう見抜けばいいのか。人事を14年以上にわたって行ってきたからこそ伝えられるチェックポイントがあります。

これをチェックすれば、企業の実態が丸わかりです。

まとめ

今回は賢者の転職とは何かについてお伝えしてきました。賢者の転職とは価値観・スキル・条件が一致した転職であること。それこそが自分を幸せにする賢者なのではないかと考えています。

その実現には3つのアプローチが必要です。自分を深く知ること、自分について正しく伝えること、企業を深く知ること。

その方法は準備が出来次第お伝えしていきますので、楽しみにしていてください。